二足のわらじ~薬剤師×キャリアコンサルタント~

医療・薬局業界、キャリア形成、会社経営などに関する情報をお届けします。

どうも、薬剤師×キャリアコンサルタントのたねちゃんです。
よければはじめにプロフィールをご覧ください。

たねちゃんです。

最近何かとホットな話題といえば地域連携薬局かオンライン服薬指導、この2点ではないでしょうか。

地域連携薬局についてはかなり高いハードルが設けられたため、どこまでが来年度の改定に関わってくるのか今後の動向に要注意です。


オンライン服薬指導に関しては昨年コロナウイルスにより「0410対応」によって一時的にオンライン診療が初診から可能となり、オンライン服薬指導も加速するのではないかと注目を集めています。


そこで焦ったたねちゃん、オンライン服薬指導の情報収集をすることに。
406460_s
数社の営業担当から話を伺って候補を絞り、近隣医療機関でのオンライン診療の実績なども卸経由で調査をして、最終的には今の段階でのシステム導入は見送ろうと決めたのですが、この後リリースを控えている他社システムを導入しようと考えています。


オンライン診療を実施している病院やクリニックが少なければ、オンライン服薬指導の件数もそれに応じた数となります。

今は少なくてもオンライン診療が伸びてくればオンライン診療の処方箋を巡ってオンライン服薬指導のシステム導入も進むと単純に予想できます。


ここで疑問に思ったのです。

今はオンライン服薬指導に対応できる薬局数が少ないからそっくりそのままそれが選んだ理由になるかもしれないけど、複数の薬局があれば何を基準に患者さんは薬局を選ぶようになるんだろうか?と。


大前提はオンライン診療と同一のシステムを使っていることが挙げられそうです。

オンライン診療を受けるのにAというシステムを使い、オンライン服薬指導にはBというシステムを使う。

どう見ても手間にしか思えません。


では同一のシステムを使っていたとしたら、患者さんは何を見て薬局を決めるのでしょうか?


利用したことのある薬局がいいのか、オンライン服薬指導対応の時間枠が幅広くあるのか。

もしかしたらSNSで影響力があればオンライン診療の処方箋をかき集めれるようになるのかもしれません。

先ほど上で述べたよう、オンライン診療と同一のシステムが前提として成立するなら薬局によっては複数のシステムを採用するのも十分考えられます。


何にせよこれまで「立地」というファクターが最重視だった薬のがじわりじわりと変化していくと感じています。


こないだの記事で書いたように全てがオンラインになるわけではありませんが、オンラインを見限るならそれ相応の対策が必要になるのだと思います。

オンライン服薬指導のシステムを導入したその少し先には、オンラインでの差別化という課題が待っているのではないでしょうか。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

たねちゃんです。

いきなりですが「キングダム」という漫画をご存知でしょうか?

紀元前3世紀、中国の春秋戦国時代を舞台にした第17回手塚治虫文化賞のマンガ大賞受賞作品です。

昨年12月の第60巻販売をもって累計7000万部を突破、知っている人も多いのではないかと思います。

好きな方なら「キングダム」60巻の展開にはワクワクしたかと思います。

たねちゃんは紙と電子版の両方買ってしまうぐらい好きで、最新刊が常に待ち遠しいです。


今日はこのキングダムを題材にした書籍をオススメします。

「『キングダム』で学ぶ最強のコミュニケーション力」

キングダム好きならそれだけで興味をそそられるタイトルです。

そうして手に取ってみたところ、目次に入る前【はじめに】の箇所を読み、買って読みたいという気持ちになりました。
「なんかまたあの人に会いたいな…」
「それでもあの人を信頼したい!」
「あの人のためにも頑張りたい!」
ではどうしたら、人からこのような感情を引き出せるのでしょうか。
(中略)
私は次の三つの姿勢が大切だと感じています。

*本書3、4ページより引用
応援したくなる人がとっている姿勢。

この本の中で応援される人物像も別の箇所で記されていますが、応援したいとの感情を引き出す姿勢とはどんなものなのでしょうか。


あえて少し引っ張ってみました(笑)。

引用部分の続きに戻ると、


①人を「上・下」「好き・嫌い」ですぐ区別しない
②「良い・悪い」「正しい・正しくない」で物事をジャッジしない
③感情のコントロールが巧みで、言動に安定感がある



と著者馬場啓介さんは主張されています。


正直に告白すると、たねちゃんは一つも当てはまっていないと感じました。


「好き・嫌い」の区別が激しい、「正しい・正しくない」はよく気にしていると思う、感情のコントロールが巧みとまでは言い難い。


自分を応援されない人間だと卑下しているのではなく、ありのままだとこれらには該当していなさそうだと思います。

だからこそ、応援される人を目指すなら学びも多そうだと感じたのです。


「応援される人」の何がいいのかというと、これははファンを掴んでいるも同然です。

自分のファンがいる、ビジネスにおいてこれほどの強みはありません。

サービスやモノにお金を払うのではなく、「〇〇さんだから」と言ってもらえるようにもなります。


薬局にしても本屋にしても、キャリアコンサルタントとしてもどんな仕事をするにも、応援されて決して損にはなりません。


たねちゃんは本を読み「思ったことをすぐ口にしない」、まずはこれを心掛けるべきだと感じました。

感情のコントロール然り、好き・嫌いの区別や良し悪しのジャッジ、これらをすぐ口にしている方だと思います。

いわばこれらの言動は相手の視点に立てていないそうです。


とはいえ長年の癖、簡単に修正できそうにもない気がしています。

なのでたねちゃんと話す際、思ったことを口にしてそうだと感じたら是非指摘してください(笑)。

コロナ禍でコミュニケーションの機会は減っていますが徐々に直していこうと思います。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

たねちゃんです。

今日は就活のネタ作りについて紹介していきます。


「留学の経験がありまして~」

「〇〇ヵ国旅しました」

「海外が好きで~」



たまたまSNSで見掛けたり話を聞いたりして、ふと自分の就活エピソードの一つに海外旅行を入れていたなぁと懐かしくもなりました。
4219876_s
古いプロフィールを見るとちゃっかりその点もPRしていました。

今となっては別に自慢とも思わなくなったのかプロフィールに盛り込む気も、もはや趣味を聞かれても「海外旅行」と答えるのを忘れるぐらいです。


タイトルからお察しの通り、このような海外渡航歴は就活のネタになりやすいというのが今日の内容です。


ある企業の集団面接で、どんな流れだったかは忘れましたが海外での一人旅の話をして面接官の反応は◎、周りからもそんな強エピソード出してくんなよ…みたいな雰囲気を感じたこともありました。

その集団面接は反応通り通過しました。


海外にちょっと多く行っている、たねちゃんの場合は留学でもなく観光だったのでいってしまえば娯楽の一環です。

しかし、同じ一人旅でも日本か異国の地で過ごしたのかは印象が大きく違うとも思います。

しかも海外に行っているとのアピールは、どことなくの主観ですが行動力を匂わせることにも繋がります。

べたべたな観光イメージがついていない国なら尚更です。


もし就活などのネタに困っているのであれば、いくらかお金を貯めて海外に安旅に出るのもいいのではないかと個人的には思います。


「何でそこに行ったの?」

「行って何を学んだの?」

「今にどう活かせているの?」



等と聞かれる質問も想定していれば尚更ネタとして有効になり得そうです。


バカンスやリゾートでホテル中心に過ごせば別ですが、数回海外に行って普通に観光すれば何かしら人に話したくなるエピソードの一つや二つは生まれると思います。


ところで今の学生さんって就活ネタに困ったりするものなんでしょうか?


MRの新卒就活事情なんかにもすっかり疎くなってきました。

当時は結構ネタに困るみたいなのは学生同士で話題になったりしたのですが。


コロナの影響で海外には中々行きづらい状況ではありますが、就活のネタ作りの参考になれば幸いです。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

↑このページのトップヘ