たねちゃんです。

今日は「メリット・デメリット」に関して、たねちゃんの気づきを綴りました。


あなたは何かモノを買おうとした時、メリットやデメリットを考えたことが一度はきっとあるはずです。

なぜメリット・デメリットをいちいち考えてしまうのか、当たり前ですがお金が発生するからです。

金額が大きいほど慎重になるかと思います。


では、何か予定を入れようとする時、判断に迷った経験はありませんか?


「来週の金曜日に飲みに行こうよ!」



このように誘いがあったとして、仮にスケジュールが空いていたとして即決しないケースもあると思います。

そして、渋々誘いを受けることもあるでしょう。


なぜスケジュール的に問題がないのに悩みが生じるのかというと、つまるところ「メリット・デメリット」を考えているからだとたねちゃんは思いました。


極端な例というと、上の誘いが例えばあなたの会社の上司からで、それも食事に付き合うことが人事評価にどことなく影響を及ぼすよう人物像であれば、少し面倒だと感じても結局行く人の方が多いようにも思います。


時間を消費してそれに見合う対価が得られるかどうか、打算的に考える方もいれば無意識に選択している方もいることでしょう。


有形資産であるお金だけではなく、「時間」を使うのにもメリット・デメリットを考えがちです。


自分が何にメリット・デメリットを感じているのか、それを把握していればある意味スケジュールが埋まっても割り切れることでしょう。


そうはいってもメリット・デメリットばかりを考えても何だか味気ないですし、時には自分の感情に従ってもいいのかなとも思います。

損得勘定以外で付き合いができる人間関係は大事にしたいものです。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。