たねちゃんです。

今日は「信用」について記事を作成しました。
1087055_s
事の発端は、後輩との話から。

後輩が、「情報発信を頑張ろう!」と宣言をしていたある人に勝手に期待を寄せていて、数日経って結局その方の発信が中断しているのに気づいてガッカリした、との内容です。


ブログの継続率はかなり低く、データはありませんがYouTubeなんかはもっと低いのではないか、と予想できます。


たねちゃんのブログ開設当初、


「誰も見てないから、人の目なんか気にせずに発信したら?」



的なアドバイスもあり、こんな感じで言ってもらえて肩の力を抜いて始めることができました。


しかし、ここで考えたいのが、先ほどの後輩の落胆です。


「情報発信をするぞ!」と言っていたから楽しみにしていたのに、いつの間にか勝手に中断してしまっている。


あまり見られてない情報発信だからモチベーションが下がって小休憩に入ったのかもしれませんが、この後輩のように、アウトプットすると少なからず見ている人が存在しています。


では今回のケースで後輩くんが、ズバリその方を「信用」するかというと…

答えは「No」になりそうですよね。


辞めてしまった理由が何かあるにせよ、本人の気づかないところで「信用」を失ってしまった可能性があります。


「誰も人のSNSなんてそんなに覚えてないよ」


確かに、流れてくるTwitterのタイムラインの一つ一つを覚えているなんてそんなことは考えにくい。

だけどここからが怖いところ、仕事のデキル人に限って、人の進捗など細かいところまでチェックしているものです。


たねちゃんのMR時代、仕事の基礎を叩きこんでくれた先輩MRは、まさにこのタイプでした。


「そういえば、あれやるって言ってたはずだけど、どうなった?」



こんな感じで不定期ではありますが、宣言したことに対してたまにチェックが入っていました。

できてないからといって激怒されたことも厳しく追及されたこともないのですが、デキル人は基礎がしっかりしており、忠実にこの手の約束を守ろうとします。


大半の人がパッと見てすぐ忘れるわけですが、デキル人はどこまで見ているかわかりません。

そう考えると、知らず知らずのうちに「信用」を失っているだけでなく、デキル人からの「信用」を失くすという、なんとも悲しい事態にも繋がり兼ねないのです。


何となく面白そうだと思って先日から、「100日違う飲み物を飲む」というチャレンジを一人で続けています。
これも途中でポシャっちゃうと「信用」を損なうかも、そう思うと少し背筋が伸びたような気がします。

あと85日、毎日ドリンクを変えるだけですがこれも信用問題と捉えて、しっかりやり切ろうと思います。


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。