たねちゃんです。

春を感じられないまま梅雨に入り、そしてもう夏を迎えてしまいました。

30℃を超える日ばかりになると思うとそれだけで肌がべたついてきそうです。


先月、7月1日のブログでページ薬局の処方箋枚数についてチラッと紹介させていただきました。

6月の処方せん枚数は200枚弱と濁したのですが、正確には191枚だったのです。

内訳としては門前医療機関から138枚、その他が53枚。

ビラ配りなどの地道な活動もあって開局1ヶ月目にして面処方をこれだけ獲得できたのは大きな成果です。


とはいえ、誰が見てもこの枚数では明らかに厳しい状況。

かといって191枚が1ヶ月経って急に500枚に増えるのはどう考えても難しいので、まずは250枚という目標を7月月初に設定しました。


59枚増。

開局して間もないのですが、黙ってもいられないので厳しめのハードルを設けました。


やはり枚数を増やすには門前医療機関の処方箋枚数が増えるのが一番わかりやすいかと思います。

だけどページ薬局の門前は耳鼻咽喉科で、ただでさえ夏場は厳しいのにコロナで最も影響を受けているのが耳鼻咽喉科、小児科ということもあり、激増は見込めないと考えました。


ただ、その中でもページ薬局の認知度が低く、まだ門前医療機関からの処方せんを他の薬局に持っていかれているのが問題の一つでもあったので、そこに焦点を絞って一ヶ月間取り組むことに。


①薬局近隣でスタッフが看板を持って道行く人に挨拶
②LINEで処方せん受付ができる旨のチラシを1500部以上ポスティング
③Twitter、インスタグラムの投稿


メインは①、パウチしたA4用紙を4枚繋げて作った自作看板を持って、暑い日も雨の日もひたすら地域の方々に声掛けをさせてもらいました。

許可をもらった場所でほとんど毎日といっていいほど、たねちゃんとスタッフが交代しながら挨拶をしてページ薬局を知ってもらう、先月同様また泥臭い活動をしていたのです。


よく目の前を通る方もいれば、声をかけて薬局が出来たのを知ってもらった方、色んなケースがありましたが、結果的には認知度を高め、肝心の処方せん枚数はというと、


門前医療機関…183枚
その他…72枚
→合計255枚


と門前医療機関の患者さんが増えたこともあって、無事目標を達成することができました!!


近隣の飲食店でランチをとってページ薬局のことを伝え、その甲斐もあって紹介を受けたり、地域紙や新聞への掲載も反響があったのですが、何よりスタッフが頑張ってくれたからに他なりません。


処方せん枚数を増やすのにここまで頑張ったのも薬剤師歴6年目にして初めてのことです。

7月が終わって8月ももうスタートしているので余韻に浸らず、気を引き締めていきたいと思います。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。